アンティークプリント、ボタニカルアート、博物画などを販売しています

1849年 D'Orbigny 万有博物事典 Pl.5 ヒルガオ科 サツマイモ属 マルバアサガオ Pharbitis hispida orby5

8,800円(税800円)

購入数
1849年にパリで刊行されたCharles D'Orbigny編集
「Dictionnaire Universel D'Histoire Naturelle.」の一葉です。
タイトルは「Pharbitis hispida. Chois.」、現在使われている学名は「Ipomoea purpurea」、
原画はMaubert、版刻はFournier.によるものです。
ヤケやシミ、汚れ、左側に薄紙の付着などがあります。
Size 25cm x 15.8cm

CHARLES D'ORBIGNY(1806-1876)
シャルル・ドルビニーはフランスの植物学者、地質学者でした。
博物学者であるAldide d'Orbigny(1802-1857)の弟です。
兄弟で南米に行き、植物の種や博物学に関わる様々な物をフランスに持ち帰り、
パリの国立自然史博物館で観察、研究しました。
Dictionnaire Universel D'Histoire Naturelle
フランス・パリで1847年〜1849年にかけて刊行されました。
人類、動物、爬虫類、鳥類、昆虫、甲殻類、植物などについて書かれた博物事典です。
鋼版画に手で彩色された色鮮やかな図譜が収められています。
版画の一部には点刻彫版法(Stipple Engraving)と呼ばれる、ルドゥーテのバラ図譜でお馴染みの技法が用いられています。
原画はBlanchard、Oudart、Meunier、Pretre、Maubert、Travies、Martin St.Angeなど、
当時のフランスを代表する博物画家、植物画家らが描いています。


おすすめ商品